前へ
次へ

赤坂 韓国料理-もっとも有名な韓国料理、キムチ

キムチは韓国料理で最も一番よく知られている食べ物ですね。韓国人の食卓の上には絶対欠かせないもので、赤坂にいる韓国人にとっては一日もキムチを食べずにはいられないようです。キムチは1988年の夏期オリンピックの時にたくさんの外国人たちが始めてキムチを味わうようになりました。辛いという評判にも関わらず多くの人々がキムチの味を味わい、その外国人たちは自国へ帰ってもキムチを恋しがるようになりました。キムチは野菜の生産が少ない冬場に、ビタミンA、B、Cなどを始めとして、その副材料の持つ様々な栄養分をも供給し、また人体の生理機能の活性化にも役立つ総合保養食品です。日本の赤坂でもすっかりおなじみのキムチですよね。納豆や豆腐と合わせても美味しい韓国料理の代表です。

赤坂 韓国料理-韓国料理のキムチ作りは年中行事

韓国料理のキムチ作りのことをキムチャンといいます。赤坂の専門店では効かない言葉かも知れません。キムチャンは10月下旬や11月初めに隣近所の人が集まって3日くらいかけて漬けます。白菜の量は家族の人数によって多少差がありますが、一般の家庭では一世帯で100、200株ずつ漬けました。白菜の株の数と各種の材料、薬味などを考えるとキムチャンはけっして1、2人でできる作業ではありません。人々はキムチャンを主要な例年の行事の一つとして考えていて、親戚や隣のおばさんたちと何人かの男手が集まって漬けました。キムチャンに参加する人たちは白菜を洗ったり、材料を用意したり、一株ずつ手でキムチを漬けるのを手伝いました。そして作業が終わると手伝ってくれたすべての人たちに少しずつキムチを配ります。赤坂の専門店のイメージとは違うかもしれませんが、家庭の韓国料理は年中行事でもあるのです。

Page Top