前へ
次へ

赤坂 韓国料理-韓国料理にかかせない唐辛子

赤坂でも韓国料理にはなくてはならない唐辛子。そのトウガラシも種類によって、韓国料理を作る時に使いわけられているようです。赤坂の専門店でも同様です。料理にそのまま使われる唐辛子は主に、青唐辛子と赤唐辛子、獅子唐、とても辛いチョンヤン唐辛子(小さくて辛いもの)などが代表的です。青唐辛子は主にサムジャン(韓国味付けみそ)などをそのままつけて食べる場合も多いのですが、炒めたり、漬け物にしたり、焼いたり、様々な料理に使われています。赤唐辛子は主に、料理に色と味を加える使い方する場合が多く、チョンヤン唐辛子はみそ鍋などに、辛味をつけるために使われます。唐辛子は噛んで辛味と甘味が互いに調和をなす、すなわち甘辛い物が良いもので、皮が厚いものが美味しく、粉にしたときも色が鮮やかです。

赤坂 韓国料理-韓国料理のトッポキってどんなもの

いろいろな美味しいものがある赤坂で食べられる韓国料理ですが、その中でもトッポキ、トッポッキなどと呼ばれるものがありますが、いったいどんな韓国料理なのでしょう。トッポキはもちもちした食感の棒状の韓国餅を、コチュジャンベースの甘辛いたれで炒めた料理のことです。韓国では屋台の定番メニューとして親しまれています。トッポキは、間食や夜食としても食べられているものです。ソウルの新堂の街にはトッポッキの専門店が集中していて有名ですね。この地の専門店で供される物はトッポッキを主に各種の具材が入った鍋状の料理が主流になります。トッポキもいろいろ場所によって味付けや食べ方が違うようですね。赤坂の専門店でさえ、店によって味が違うのですから、その土地にいってぜひ食べ比べてみたくなります。

Page Top